体調管理で健康ライフ

HOME >>  体調管理を制する > 質を意識した体調管理

質を意識した体調管理

社会人となれば基本となるのが体調管理です。人によって最善のコンディションを作り上げる方法は違うかと思いますが、どなたにも効果があるのが、栄養・睡眠をきちんと摂ることです。食事面・睡眠面での体調管理法をご紹介します。

まずは食事についてです。
1日3食、どこに重点を置いて食事を摂っているでしょうか。朝食はパンやおにぎりひとつ程度で済ませ、お昼はコンビニ弁当、夜は外食三昧という生活をしている方は要注意です。1日の中で、朝食はとても大事です。朝起きて1番に体に何を摂りいれるのかは1日活動をしていく上でもとても重要なことです。ビタミン・ミネラル・たんぱく質・糖質をしっかり摂れる朝食が理想といえます。ヨーグルトと果物を合わせてみたり、食パンにプラスして野菜サラダを食べたり、準備に時間を割けないという方はシリアルなんかでも良いでしょう。

朝何を食べるかで、コンディションは違ってきます。昼食・夕食は、出来ればバランスを心がけた食事をしたいものです。かと言って外食しなければならない日や社食を利用する方などもいらっしゃると思いますので、昼食には野菜ジュースやサプリメントをプラスするなどの心がけを、夕食には量を摂り過ぎないことへの心がけをして下さい。昼食は好きなものを食べても良いのですが、そこにプラスしてバランスを意識できると良いです。夕食は消化が出来る量を心がけることが大事です。夕食を摂り過ぎないことは、快適な睡眠にも繋がります。

次に睡眠についてです。
きちんと睡眠をとることは、とても大事です。睡眠時間を確保することに加えて、睡眠の質についても考えてみましょう。枕の高さが合っているか、照明はどうなっているか、など、しっかりと熟睡できる環境を整えることが大事です。眠りにつく時にアロマポットなどで香りを楽しむのも良いです。

ただたくさん食べる・寝るというのではなく、質や内容を考えるだけで、自分の体を自分でしっかりと労わってあげることが出来ます。せっかく摂るのなら、良い物を体に与えてあげたいものです。