体調管理で健康ライフ

HOME >>  体調管理を制する > 気をつけている体調管理方法

気をつけている体調管理方法

誰しも、今日は体調がいいなぁとか、今日の体調はいまいち、と言うことがあると思います。このときの体調は肉体的に体の調子のことを言いますが、実は精神的な状態も影響を及ぼしています。気持ちも体調の一部に含まれる、ということです。
例えば、体はなんともないのに、仕事の心配事があって気が乗らない、という時になんとなく体もだるく感じてしまう、ということが起きてしまいがちです。

ですので、体調の管理は体だけでなく、心も良い状態にする、ということが必要です。ただ、旅行など非日常的なことで嫌な事をすっかり忘れてしまう、ということがあると体調が良いと感じることもあります。これは一時的なことですので、根本原因を解決しないとベストな体調にはなりません。

さて、肉体的な体調を整えるのに大切なことは、休息と食事です。休息の代表格が睡眠です。睡眠は人や年齢によって適切な時間が異なります。しっかり睡眠を取れたときの目覚めの気持ちよさはだれもが経験することですが、毎日そのように規則正しい生活が出来ない時もあると思います。そういう時は昼休みなどでちょこっと昼寝をすればすっきりすることが出来ますし、目の疲れを癒すことにもなります。
目の疲れを癒すには暖めたタオルなどを目に乗せて暖める方法があります。体全体を暖めることもよいことです。お風呂などで体を温めてうっすら汗をかくと、体の働き、特に内臓の働きが活発になって代謝も良くなり、体調の改善につながります。

食事も大切ですが、ストレスになるほど気を配る必要はありません。バランスよく食べることが大切ですが、毎回の食事でバランスをとろうとせず、1週間単位でバランスをとることを考えれば無理がありません。たまにはお腹がグーグー鳴るくらい、お腹を減らすことも自然の摂理にかなって体調に良い影響を及ぼしていると思います。
これらがいつも上手く行くわけではなく、逆にこれがストレスにならないように心がけています。